スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告

もてる名言012 【カサノヴァの名言】

人は自由である。
しかし、自分が自由であるということを信じなければ、
もはや自由ではない。




18世紀のヨーロッパにあらわれた、
伝説の女たらし、カサノヴァ(1725~1798)。

彼は1000人の女性とベッドを共にしたともいわれている。

職業らしい職業にもつかず、ある時は政府のスパイになったり、
貴族と称してみたり、国営富くじの支配人になったり、
また投獄されたり、脱獄したり、国外追放されたり、
とにかく自由奔放で波瀾万丈な生涯をおくった。

カサノヴァは女たらしの代名詞のようにも使われ、
実際にモテまくったみたいだけど、
その魅力の一端がこの言葉にも宿っている。


僕らはひとりでは生きられない社会的な動物だから、
いろんな人と関係をつないで、しがらみの中で生きているけれど、
決して誰かに支配されるために生きているわけではない。

本当はいつだって「これから」を選択する自由があるし、
仕事を休んだって、誰と遊んだって、何をしたって、
すべては自由だし、どこの国に住んだっていいのだ。

歴史上、今ほど自由に生きられる時代はないはずなのに、
感覚的にはどんどん息苦しく、不自由になっていってるように感じる。
それは他人の目に縛られ、がんじがらめにされているからだ。

この世界に巧妙に張り巡らされている洗脳と情報操作から、
いかに逃れて、自分の内なる声を信じて生きていくのか?

「人は自由である」ということを信じるのは簡単なようでいて、
実は現代日本ではとても難しいことなのかもしれない。

でも、そこで諦めて従順に飼い馴らされるよりも、
一匹のオスとしてはこの荒野を突っ走っていきたい。

「人は自由である」

それをどのくらい信じて、許していくのか?
それが魅力の器となって、モテ力を決めていく気がする。


スポンサーサイト
【2011/12/17 21:57 】 | もてる名言 | コメント(0) | トラックバック(0)

もてる名言011 【フランソワーズ・サガンの名言】

ユーモアを持つための第一段階は、
自分自身を嘲笑うことだと思います



ユーモアのある人がモテるのは間違いのないことだけれど、
ではユーモアはどうやって鍛えればいいのか?

その一番の近道が、自分自身を笑うことだと思う。

自分を笑うことに慣れていけば、
不思議なことに少しずつ自信も湧いてくるし、
自分を本当の意味で愛することができるようになる。

どんな人間だって、醜い部分や欠点をもっているけど、
そういうものは気にすれば気にするほど、
萎縮してしまうし、卑屈になってしまう。

そうやってジメジメするのではなく、
小さくなりそうな自分を笑い飛ばして、
「自分にもかわいいところがあるなー」と許してあげること。

そうやってダメな自分とのコミュニケーションも楽しんで、
自分を笑ってあげたりしていたら、その快活さに惹かれて、
女性は寄ってきてしまうものだと思う。

それに自分で自分を笑っていれば、
他人から笑われることも怖くなくなっていくしね。

自分のことを明るく笑い飛ばせれば飛ばせるほど、
不思議とモテるようになっていくのでお試しあれ。

【2011/07/05 21:37 】 | もてる名言 | コメント(0) | トラックバック(0)

もてる名言010 【ボブ・ディランの名言】
人は本当は男や女を探し求めているわけじゃなくて、
自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる人を探しているんだ。




ボブ・ディランについては、
わざわざ説明するまでもないと思う。

ボブ・ディランはボブ・ディランだ。

僕がまだケツの青い芸大の学生だったころ、
誕生日に友達からボブ・ディランの写真集をもらった。

その写真からは一瞬で何か伝わってくるものがあった。

それが何かは未だによくわからないけれど、
彼の歌はときどき聴きたくなる夜がある。


そんなボブ・ディランの名言から、
今回は魅力に直結するようなものをチョイス。
この言葉には人から求められてしまう人になるための、
重要なヒントが隠されていると思う。


「女性の内側に潜んでいるもの」

あなたが好きな女性のなかには、
どんなものが潜んでいるのだろう?

彼女は何を隠していて、どんな性癖があって、
何を絶対に知られたくないって思っているんだろう?

彼女のなかのどの部分が今は眠っているんだろう?

彼女は本当はどんな風に生きたいんだろう?

その女性が無意識のうちにフタをしてしまって、
閉じ込めているのはどんな部分なんだろう?

どういった形で欲望をエスコートしていけば、
彼女は気持ちよく、自分を解放していけるんだろうか?


ひょっとしたらこういった問いのなかに、
女性を目覚めさせるヒントが眠っているのかもしれない。


もしかしたら彼女はまだ、
自分がなりたい本当の自分になることができなくて、
心の底ではもがいていたり、何かを渇望していたりするのかもしれない。
そして、いつも何かのキッカケを待つように生きているのかもしれない。

だからこそ彼女のなかの未知の部分をうまく引き出すことができたとき、
あなたはその女性の歴史に一歩、踏み込むことができるのだと思う。

そしてそういった手助けが自然にできるようになったとき、
その人間は本当の意味でモテる人間になるのだと思う。


この領域は相当高いレベルだから、
たどりつくまでにはかなり長い道のりを旅する必要があるけど、
目指す価値はあると思う。

僕も少しでもいいから近づければ最高だなって思う。

そのためには好奇心をいつもポケットの中に、
パンパンにつめこんで、宝探しのように人と接して、
その時間をできるだけ面白がって楽しんでいくこと。

そして何よりも自分のなかのトビラを、
どんどん開くように生きるということ。

そういったことが旅の一歩になっていくんだと思う。


鍵はJOYだね。

彼女がまだ見つけていない楽しみや歓びは、
どんなことなんだろう?

こういった問いにもヒントは眠っているのかもしれないよ。

自分のなかにも、女性のなかにも、
新しい歓びや面白さをたくさん発見していけるように、
生きていけたらいいね。


【2011/02/14 19:02 】 | もてる名言 | コメント(0) | トラックバック(0)

もてる名言009 【所ジョージ】
小遣いだと思えば7万円はすごい



さっきみたら拍手ってのが2つぐらい増えてて、
テンションがあがったので更新します。
マジ押してくれた人ありがとー。

今回は坂本龍馬なみの偉人(と勝手に思っている)、
所さんの魅力に迫りますか。

子供の頃は「いい加減で陽気なおっさん」ぐらいにしか思ってなかったけど、
大人になり、彼の数々の著書や楽曲を研究していくと、
いかに凄い人かということが、だんだんじわじわとわかってきた。

そして今では「日本を影で支える幸福の巨人」ぐらいに思っている。

彼がやっている数々の番組がいかに名のない人々を元気づけているか。
それもユーモアを交えながら、楽しく励ましてくれる。

世界に誇る名番組「笑ってコラえて」のダーツの旅というコーナーは、
地方の人や老人など、ふだん陽の当たらない人にスポットをあてて、
たくさんの思い出と笑いをつくっている。
現代日本では東京ばかりにスポットが当たりがちなので、
こういった活動はとても大事なものだと思う。

そんな彼の名言は山ほどあるけど、今回はこれをピックアップ。
プロ論におけるインタビューを抜粋してみます。
ちょっと長いけど、ここにはもてる秘訣がつまってるから読んでみて。


「自分の考え方ひとつなのよ。人生をつまんなくしてるのは自分なの。
 会社だって仕事だって同じ。そしてお金がなければ楽しいことができないと
 勝手に思いこんでる。アンタはお金があるから言うんだと思う人もいるかも
 しれないけど、僕はお金がなくてもそう言うから。だってそうだもん。
 ゴミ捨てだって楽しいもん。ベランダのプランターの土づくりひとつで
 楽しめるもん。

 不安になっても、いいことなんてない。誰も近づかないから。だから笑うこと。
 不安でも堂々とする。そして隣の人と比べない。いつも自分だけを見つめる。
 僕はデビューのころから、自分が世界でいちばん幸せだと思ってた。
 給料が7万円だったときも幸せだった。給料だと思えば安いけど、小遣いだと
 思えば7万円はすごいじゃん(笑)」


どんな状況でも創意工夫をしていけば、
人生はいくらでも楽しくしていける。そう信じさせてくれる人。

確かに給料が7万円だったらかなりへこむ気がするけど、
小遣いだったら多いよね。そうやって考え方で遊んじゃって、
なんでも楽しんでいたら、人って寄って来ちゃうものなんだよ。
楽しいことが嫌いな人っていないからね。

不安でも堂々としよう。本当は全員が不安なんだから。
それを表にだすかださないかが、もてるかどうかの分かれ目。

かもね。

【2010/04/25 18:53 】 | もてる名言 | コメント(0) | トラックバック(0)

もてる名言008 「アンジェリーナ・ジョリー」

欠点は魅力 傷も魅力


世界でモテまくっているアンジー。
そんじょそこらの男よりも男らしく、
存在自体にモテるオーラがあふれまくっています。

欠点を魅力に変える方法は、
いくつかあるんだけど、基本はこの言葉だと思う。

それは欠点こそが魅力だと知ること。
そして傷も時がたつにつれて魅力になっていくと知ること。

そこが出発点。

最初はそう思えないと思うけど、
そこからゆっくりゆっくり歩いていって、
やがて傷も欠点も受け入れられる日がくればいいよね。

ちょっとだけ本当のことをいうと、
人間は欠点そのものを嫌うわけじゃない。
他人は傷を嫌うわけじゃないんだよ。

欠点を隠そうとしてる卑屈な態度や、
傷ばかりを見てしまって、うじうじしてしまう、
その弱さを本能的に嫌うんだ。自分もそうなりそうで怖いんだよ。
じめじめとした湿気を嫌うようなものかな。

みんな明るく生きていきたいから。
だから、最初はそういうふりをするだけでもいいんだ。

傷も欠点も受け入れて、
少しでもそれを誇れるように胸を張るふりをしていれば、
やがて人はその姿勢を魅力的に思うようになるんだよ。

大切なのはいつだって心意気さ。

ちなみにこれ、アンジーが日本語で言ったわけじゃないからね。
(あたりまえか、みんなわかってるか)

もともとは

「I find flaws attractive. I find scars attractive.」

だから正確には傷や欠点から魅力を見いだしてるってこと。
そこにはあなただけの泉があると僕も信じています。



@アンジェリーナ・ジョリー(女優)


俳優のジョン・ボイトを父にもつが、度重なる不倫により、
生後間もなく両親は別居。父とは長いあいだ確執がつづく。

絶望の思春期をすごしながら、演劇を学びつづけ、
しだいに頭角をあらわしていく。

「トゥームレイダー」のララ役や、
「Mr.&Mrs.スミス」のブラッドピットとの共演などが有名。

個人的に好きなのは「17歳のカルテ」と「WANTED」

とくに「WANTED」は新時代のアクションを見たい人におすすめ。
テンポが良くてスカッとします。ラストの10秒がやばい。


→『記憶を失ったある王様の物語』
このストーリーであなたの内なる王も覚醒の時を迎える。


【2010/04/17 16:23 】 | もてる名言 | コメント(1) | トラックバック(0)

もてる名言007 【金子みすずの詩】

みんなちがって、みんないい


これはある詩のなかの言葉です。
まずはそれを掲載してみます。


『わたしと小鳥とすずと』

 わたしが両手をひろげても、
 お空はちっともとべないが、
 とべる小鳥はわたしのように、
 じべたをはやくは走れない。

 わたしがからだをゆすっても、
 きれいな音はでないけど、
 あの鳴るすずはわたしのように、
 たくさんなうたは知らないよ。

 すずと、小鳥と、それからわたし、
 みんなちがって、みんないい。


いきなり飛躍しちゃうかもしれないけど、
この詩には口説きの真髄があるなぁって思います。
もちろんそれだけじゃないんだけどね。

口説きに一番大切なのは洞察力。
見抜く力。

みんなとは違ういい部分を見つけてあげること。
そしてそれを表現してあげることが、
口説き文句に命を吹きこんでいくのだ。

ものすごく格好よく言うと…(笑)
だから口説くときはこの言葉も一緒に連れていこう。

みんなちがって、みんないい。
 ↑
本当の意味でこれをわかってる人ってモテる人だと思う。


@金子みすず(詩人)

1903年山口県仙崎町に生まれる。

大正末期にすぐれた作品を発表し、
西條八十に「若き童謡詩人の巨星」と称賛される。

しかし二十六歳の若さで自らの命を絶つ。

死後50余年を経て、童謡詩人・矢崎節夫の努力により、
その作品の全貌が顕らかにされ、
天才詩人として注目される。

※金子みすず童謡集より抜粋



→『記憶を失ったある王様の物語』
このストーリーであなたの内なる王も覚醒の時を迎える。


【2006/04/19 21:42 】 | もてる名言 | コメント(4) | トラックバック(1)

もてる名言006 【アインシュタインの名言】

どうして自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。


自分のことを好きになれない人や、
いつもいい人止まりで終わってしまう人にオススメの言葉。

調子に乗りすぎちゃってたら、
ちゃんと他人が教えてくれるから大丈夫。
だからあなたは怖れずに自分のことを好きになればいい。
ナルシストって呼ばれるくらいでちょうどいい。

欠点を探しはじめたり、
ミスをずるずると引きずっちゃったり、
反省や後悔をしはじめたらいつまでもキリがない。

失敗は挑戦の証。

失敗から学ぶことはあっても、自分を責める必要は一切ない。
自分を責めすぎてしまうと、積極性までも失っていく。
何をしても失敗するような気がして動けなくなる。
人を傷つけることを怖れていたら、人と接することはできない。

どんなに気をつけていても傷つけることはあるんだから、
そんなことを気にして縮こまってしまうよりも、
明るく伸び伸びと接することを心がけよう。

そっちの方が女性にはもてると思う。



@アルバート・アインシュタイン(物理学者)

1879年南ドイツに生まれる。
1921年光電効果の法則発見に対しノーベル物理学賞受賞。

相対性理論によってそれまでの時間空間概念を全く変えた。
ニュートン力学の限界を示し、
ニュートン力学で説明できなかった事柄の説明ができるようになった。
アメリカにおける原子爆弾の開発と戦後の平和運動でも知られている。

ちなみに相対性理論については、彼はこんな風にも語っています。

 熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。
 まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。
 ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、
 一分間ぐらいにしか感じられない。
 それが相対性というものです。


→『記憶を失ったある王様の物語』
このストーリーであなたの内なる王も覚醒の時を迎える。

【2006/03/09 21:29 】 | もてる名言 | コメント(15) | トラックバック(5)

もてる名言005 【ヘルマン・ヘッセの名言】

愛されることは幸福ではなく、愛することこそ幸福だ



愛するっていう行為に、
相手をハッピーにするという意味も含まれると仮定したら、
次のような図式が生まれます。
 

 モテない男は愛されようとする。
 モテる男は愛そうとする。


愛される幸福はとてもわかりやすいものだけど、
愛することで得ることのできる幸福は、
その境地に達するまでがとても難しい。

自分の欲望だけではなく、
相手の欲望もちゃんと見れる人は、
それだけで一歩ジェントルマンにステップアップ?

もちろん相手の欲望だけみて、
自分の欲望をみないのもまずいんですけどね。

自分も相手も大切にする、っていう、
人間関係の基本はきっちりと守っていきましょう。

自分を愛する幸福を知ってこそ、
他人を愛する幸福を楽しめるものだから、ね。



@ヘルマン・ヘッセ(作家)

1877年ドイツに生まれる。
生涯で1400以上の詩をかいた。
1906年に発表した『車輪の下』という作品が有名。

1946年に『ガラス玉演戯』などの作品でノーベル文学賞を受賞。

ちなみにドンファンは高校生のときに、
『人は成熟するにつれて若くなる』という彼の本を読んだけど,
はっきりいってあまり理解できていなかったと思う。

なんせテーマが「人はいかにして老いるか」だったので。
青春まっさかりのドンファンには荷が重すぎたようです。

それ以来「ヘッセ=渋い」というイメージがすりこまれています。


クリックされることは幸福ではなく、クリックすることこそ幸福だ(ランキング)


【2006/01/07 16:50 】 | もてる名言 | コメント(2) | トラックバック(2)

もてる名言004 【岡本太郎】
いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ


未知なるものに人は怖れを感じる。

まだ体験していない領域では、
どんなことが起こるか想像すらできないし、
そこには実際に苦しいことも大変なこともある。


自分の慣れ親しんだ世界からでていくことは、
誰だって怖いことだ。
でもその怖れを超えて一歩踏みだすと、
そこにはあなたの知らない世界が待っている。
自分の未知なる可能性をそこでは発見できるのだ。

僕のいままでの経験からいっても、
恐怖に飛びこめたときはいつも収穫をえることができた。
もちろん傷もついてしまうけど。

恐怖を感じるのはみんな同じ。

そこに飛びこんでいくか?
それとも逃げだしてしまうか?

それがモテる男とそうじゃない男を分ける境界線だ。



@岡本太郎(芸術家)

「芸術は爆発だ」という名言を残した芸術家。
平面・立体作品を数多く残し、文筆活動も精力的におこなった。
1970年にひらかれた大阪万国博覧会での太陽の塔は、
あまりにも有名。
母は作家の岡本かの子、父は漫画家の岡本一平。

今日の芸術における根本条件は次の3つであると宣言する。

・うまくあってはならない
・きれいであってはならない
・ここちよくあってはならない

「今日の芸術」1954年刊行 より

ランキングにも飛びこもう

【2005/12/10 17:05 】 | もてる名言 | コメント(8) | トラックバック(7)

もてる名言003 【ルー・リード】
ワイルドサイドを歩け


目の前に2つの道がある。

右の道はたくさんの人が歩いている道。
左の道はほとんどの人が歩いたことのない道。


どちらの道にもそれぞれの良さがある。
そしてそれぞれの辛さがある。
安心にはいつも虚無がつきまとうし、
荒野を歩く者は圧倒的多数といつも対峙しなければならない。

自分らしい生き方とは何だろう?

人はそう悩んだとき、
おずおずと左の道を歩きはじめる。
そしてこの言葉はそんな歩行者に与えられた、
ひとつの勇気といえるだろう。

女を口説くのも未知へのダイブだ。
現時点での自分をそのまま晒す行為だといえる。
臆病風に吹かれる時もある。
そんな時に胸のうちでそっとつぶやいてみる。

…Walk On The Wild Side


@ルー・リード(ミュージシャン)

ボブ・ディラン、ニール・ヤングと並び称されるロック詩人。
1965年ヴェルベット・アンダーグラウンドを結成。
アンディ・ウォーホルに認められ、彼のプロデュースでデビューする。
4枚のアルバムを発表し、70年に脱退&ソロデビュー。
当時まったくもってタブー視されていた
性的倒錯者、ヤク中、変態、狂人といった、
すべてのアウトサイダーどもに「ワイルドを歩け」と光をあてた、
あまりに美しく切ない歴史的名曲を輩出。

※YAHOOミュージック参照。


ブログランキングへ歩け


【2005/11/30 10:55 】 | もてる名言 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。