スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告

口説き文句038 【ネプチューンのホリ健さんに学んだ口説き方】
「アゴ、触ってもいいですか?」


しゃべくり007に出ていた小泉今日子に、
ネプチューンの堀内健が唐突に放った言葉。

いつもより無邪気なオーラを高めて言ったホリケンに、
今日子さんは「いいですよ~♪」と心よく触らせてあげていた。


正直、やられたと思った。


実は今まで女性のアゴを愛でたことがなかったのだ。


ここは完全な盲点だったし、そういう方向性もあったかーと勉強になった。

もしあなたが接した女性のアゴがキュートだった場合、
(よく見ると世の中には驚くほどいろんな形のアゴがあふれている)
やっぱりそのアゴは褒めるべきだろう。


「ホント、キュートなアゴしてるよねー」と
触りながらつぶやくのもいいし、
「その曲線ヤバいよね、卵みたい」と言ってもいい。
「アゴが素敵なんだよ」とか語りたいし、
「俺の中のベスト・オブ・アゴだね」とかも言いたい気がする。


おそらくアゴを褒められた女性は限りなく少ないと思うので、
ここにはその女性の初めての男になれるチャンスが眠っている。
女性っていうのはその時は「何それー?」と笑っていても、
家に帰ってからふとした時に鏡のなかの自分のアゴを見てしまうのだ。

女性が自分のことを好きになれるポイントを、
1つでも増やすことができたら男として誉れだと思う。

その時に忘れちゃいけない大切なポイントは、
やはり「他の女のアゴとはまったく違う」っていう確信だろう。
そうじゃないと嘘になってしまう。

真実を語らないと、口説きってパワーをもたなくなるからね。
だから今日からアゴの目利きになろうと思った。

女性を愛でる視点をひとつ増やしてもらった、
ホリ健さんには感謝です。これからも応援してまーす。

スポンサーサイト
【2011/03/03 10:52 】 | 口説き文句 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。