スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告

もてる名言007 【金子みすずの詩】

みんなちがって、みんないい


これはある詩のなかの言葉です。
まずはそれを掲載してみます。


『わたしと小鳥とすずと』

 わたしが両手をひろげても、
 お空はちっともとべないが、
 とべる小鳥はわたしのように、
 じべたをはやくは走れない。

 わたしがからだをゆすっても、
 きれいな音はでないけど、
 あの鳴るすずはわたしのように、
 たくさんなうたは知らないよ。

 すずと、小鳥と、それからわたし、
 みんなちがって、みんないい。


いきなり飛躍しちゃうかもしれないけど、
この詩には口説きの真髄があるなぁって思います。
もちろんそれだけじゃないんだけどね。

口説きに一番大切なのは洞察力。
見抜く力。

みんなとは違ういい部分を見つけてあげること。
そしてそれを表現してあげることが、
口説き文句に命を吹きこんでいくのだ。

ものすごく格好よく言うと…(笑)
だから口説くときはこの言葉も一緒に連れていこう。

みんなちがって、みんないい。
 ↑
本当の意味でこれをわかってる人ってモテる人だと思う。


@金子みすず(詩人)

1903年山口県仙崎町に生まれる。

大正末期にすぐれた作品を発表し、
西條八十に「若き童謡詩人の巨星」と称賛される。

しかし二十六歳の若さで自らの命を絶つ。

死後50余年を経て、童謡詩人・矢崎節夫の努力により、
その作品の全貌が顕らかにされ、
天才詩人として注目される。

※金子みすず童謡集より抜粋



→『記憶を失ったある王様の物語』
このストーリーであなたの内なる王も覚醒の時を迎える。


スポンサーサイト
【2006/04/19 21:42 】 | もてる名言 | コメント(4) | トラックバック(1)
<<口説き文句033 【オーラ=雰囲気】 | ホーム | 口説き文句032 【字は体をあらわす】>>
コメント
もしもし~お元気でいらっしゃいますか。
久しぶりにお伺いしましたら・・・。休憩タイムかな♪
金子みすずさんの歌、本に初めてめぐりあったとき、
古めかしさな中にも現代につうずる強い響きがあり
とても感動した記憶があります。
あれは・・・確か23才位のとき。あー・・・。
【2006/06/26 15:46】| URL | ハイジ斉藤 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/05/06 17:07】| | # [ 編集 ]
初めまして
ドンファンさん☆初めまして、まーさーポと申します。人気ブログランキングからタイトルと説明を見て、参考になりそうなので、訪問させて頂きました。最初は、コメントする目的はありませんでしたが、ドンファンさんの記事がステキなので、参考になり、お礼を兼ねてコメントさせて頂きました。これからも頑張ってください。応援します♪
【2007/10/25 11:42】| URL | まーさーポ #bjxBgMsU [ 編集 ]
ドンファンさん、こんばんは。

色々と勉強になりそうなので
また遊びに来ますね(^▽^)

拍手ぽち♪
【2007/12/05 21:14】| URL | 刹那@ネットナンパ解体新書 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
香水で女性を口説く
最近のリラクゼーション・ブームのあおりを受けて、アロマオイルやハーブティー、お香などが売れている。中でもひときわ人気を博しているラベンダーの香り。ラベンダーの香りは鎮静作用があり、ラベンダーのハーブを布袋に入れたものを枕元に置くと、気持ちよく眠気を誘う。
【2006/07/20 19:35】 | 男と女の雑学
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。