スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告

口説き文句041 【気遣いつつも攻めているマジメな口説き文句】

「好きになったら迷惑かな?」


結局はもしも話なところがポイント。

これだったら相手の女性の反応が悪かったときは、
「まだ好きになってないから大丈夫、大丈夫」って、
さらっと引くことができるし、

相手の女性の反応が良い場合は、
そこからさらに押していくことができるので、
大胆に踏み込みたいときや、相手を揺さぶりたいときに有効。

3枚目キャラよりは、2枚目キャラのほうが、
このセリフは相性が良いかも。

いつもは余裕があって、クールでカッコいい人が、
余裕がなくなりそうだから聞いてみた、
…ってシチュエーションが一番ハマる気がする。


また「好きになる一歩手前ですよ~」って、
微妙にアピールするのにも使える。

似たような言葉として、
「えー、そんなことされたら好きになっちゃうよ」とか、
「好きになってもいい?」とかもある。

もし効果がわかりづらい場合は、
親しくしていた女性から突然「好きになってもいい?」って、
言われたシチュエーションを想像してみてください。

ちょっとグッとくるでしょ?

書かなくてもわかると思うけど、
これマジメに許可をとるために聞くんじゃなくて、
どこかに遊び心を忍ばせながら(20%ぐらい?)、
色っぽいやり取りを楽しむ感じで聞くといいかも。

100%マジで真剣に言っちゃうと、
口説きじゃなくて告白の言葉になるので注意してください。

相手の女性としては、もし迷惑だったとしても、
「うん、すごく迷惑」とは言いづらいので、
言った時の表情をしっかりと観察して、脈があるかどうか判断しましょう。

脈がなさそうな場合は、「あっぶねー、好きになるとこだった」と、
まだ好きになっていないことを強調して、笑いに変えるといいかもね。


【2011/08/12 14:20 】 | 口説き文句 | コメント(0) | トラックバック(0)

もてる名言011 【フランソワーズ・サガンの名言】

ユーモアを持つための第一段階は、
自分自身を嘲笑うことだと思います



ユーモアのある人がモテるのは間違いのないことだけれど、
ではユーモアはどうやって鍛えればいいのか?

その一番の近道が、自分自身を笑うことだと思う。

自分を笑うことに慣れていけば、
不思議なことに少しずつ自信も湧いてくるし、
自分を本当の意味で愛することができるようになる。

どんな人間だって、醜い部分や欠点をもっているけど、
そういうものは気にすれば気にするほど、
萎縮してしまうし、卑屈になってしまう。

そうやってジメジメするのではなく、
小さくなりそうな自分を笑い飛ばして、
「自分にもかわいいところがあるなー」と許してあげること。

そうやってダメな自分とのコミュニケーションも楽しんで、
自分を笑ってあげたりしていたら、その快活さに惹かれて、
女性は寄ってきてしまうものだと思う。

それに自分で自分を笑っていれば、
他人から笑われることも怖くなくなっていくしね。

自分のことを明るく笑い飛ばせれば飛ばせるほど、
不思議とモテるようになっていくのでお試しあれ。

【2011/07/05 21:37 】 | もてる名言 | コメント(0) | トラックバック(0)

口説き文句040 【母性本能をくすぐる口説き文句】

「じゃあ、ご褒美ちょうだい」


恋愛の対象になれなくて、
いつもいい人で終わってしまう惜しい人は、
女性に対して要求するのが苦手な人が多い。

そんな人は時に無邪気にこのセリフを放ってみよう。

タイミングとしては女性を喜ばしたときとか、
何かをしてあげたとき、骨を折ってあげたときとかかな。

具体的な内容としては「じゃあ、アイスカフェラテおごって」とか、
「今度デートしてよ」とか軽いものから、
「俺、ロレックス欲しいんだ」と重いものまで、
基本的に冗談にできるようなものがいい。

(高度だけど)ちょっと色っぽい雰囲気をにじませつつ、
冗談だよーと引いておくと、逆に誘ってくれたり、ご褒美をくれたりする。

いつでも褒美を待ってるよ、っていうか、
褒美をもらえると俺、マジで喜んじゃうよってオーラを出したい人におすすめ。

「俺スケベな男なんだけどー」っていう意味合いの、
軽い前ふりを入れたあとに言うと、
別の意味に早変わりしちゃうので、
熟練者はそっち方面でも遊んじゃってください。


【2011/05/13 16:40 】 | 口説き文句 | コメント(0) | トラックバック(0)

口説き文句039 【秘密を共有する口説き文句】
「なにか秘密、教えて」


今まで誰にも打ち明けたことがない、
心の奥のほうにひっそりと隠れている、
警戒心の強い子猫のような、
その女性だけの秘密。

それを教えてくれと頼む図々しい口説き文句。

一緒にお酒を飲んでたり、やや親密な空気のときにオススメ。
何かの勝負をして、秘密を賭けの対象にするっていうのもアリだね。


これ、うまくできるとセックスよりも、
セクシーなコミュニケーションになったりする。
ポイントはまず自分が大切な秘密を教えることかな。

君を信用してるからって雰囲気でね。

例えばドンファンの秘密は、毎日エッチしないと、
体から元気が失われていくっていう奇病にかかってることかな。
医者には「英雄色を好む症候群」って診断されたよ。

ま、そんな戯言はともかくとして、
王様の耳はロバの耳っていう話もあるけど、
秘密を自分だけの心にしまってるとストレスが溜まっていく。


それを吐き出しちゃおうよって誘惑するのが楽しいポイント。


お互いの秘密を話して、2人だけの秘密を共有することにより、
自然と関係も次の段階へと行ってしまうから不思議。

これにはやっぱり口の堅さが最重要。
そして特別な信頼関係をひっそりと秘密で築くのさ。

色気のある大人だったら、やっぱり秘密は増やしていかないとね。
あ、もちろんこのテクニックは君と僕のあいだの秘密だよ。

【2011/04/07 12:15 】 | 口説き文句 | コメント(0) | トラックバック(1)

口説き文句038 【ネプチューンのホリ健さんに学んだ口説き方】
「アゴ、触ってもいいですか?」


しゃべくり007に出ていた小泉今日子に、
ネプチューンの堀内健が唐突に放った言葉。

いつもより無邪気なオーラを高めて言ったホリケンに、
今日子さんは「いいですよ~♪」と心よく触らせてあげていた。


正直、やられたと思った。


実は今まで女性のアゴを愛でたことがなかったのだ。


ここは完全な盲点だったし、そういう方向性もあったかーと勉強になった。

もしあなたが接した女性のアゴがキュートだった場合、
(よく見ると世の中には驚くほどいろんな形のアゴがあふれている)
やっぱりそのアゴは褒めるべきだろう。


「ホント、キュートなアゴしてるよねー」と
触りながらつぶやくのもいいし、
「その曲線ヤバいよね、卵みたい」と言ってもいい。
「アゴが素敵なんだよ」とか語りたいし、
「俺の中のベスト・オブ・アゴだね」とかも言いたい気がする。


おそらくアゴを褒められた女性は限りなく少ないと思うので、
ここにはその女性の初めての男になれるチャンスが眠っている。
女性っていうのはその時は「何それー?」と笑っていても、
家に帰ってからふとした時に鏡のなかの自分のアゴを見てしまうのだ。

女性が自分のことを好きになれるポイントを、
1つでも増やすことができたら男として誉れだと思う。

その時に忘れちゃいけない大切なポイントは、
やはり「他の女のアゴとはまったく違う」っていう確信だろう。
そうじゃないと嘘になってしまう。

真実を語らないと、口説きってパワーをもたなくなるからね。
だから今日からアゴの目利きになろうと思った。

女性を愛でる視点をひとつ増やしてもらった、
ホリ健さんには感謝です。これからも応援してまーす。

【2011/03/03 10:52 】 | 口説き文句 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。